研究業績

査読付き学術論文

Okamuro, H., Nishimura, J., Kitagawa, F. 2018. Multilevel policy governance and territorial adaptability: Evidence from Japanese SME innovation programmes. Regional Studies.

Nishimura, J., Okamuro, H. 2018. Internal and external discipline: The effect of project leadership and government monitoring on the performance of publicly funded R&D consortia. Research Policy 47, 840-853.(本論文は学習院大学経済経営研究所(研究プロジェクト:イノベーション支援の政策評価と制度設計)の助成を受けたものです。)

Okamuro, H., Nishimura, J. 2018. Whose business is your project? A comparative study of different subsidy policy schemes for collaborative R & D. Technological Forecasting and Social Change 127, 85-96.(本論文は学習院大学経済経営研究所(研究プロジェクト:イノベーション支援の政策評価と制度設計)の助成を受けたものです。)

岡室博之・西村淳一, 2017. 自治体による地域中小企業への研究開発助成:地域間格差とその要因.日本中小企業学会論集 36, 16-28.

Nishimura, J., Okamuro, H. 2016. Knowledge and rent spillovers through government-sponsored R&D consortia. Science and Public Policy 43, 207-225.(本論文は学習院大学経済経営研究所(研究プロジェクト:イノベーション支援の政策評価と制度設計)の助成を受けたものです。)

Okamuro, H., Nishimura, J. 2015. Local management of national cluster policies: Comparative case studies of Japanese, German, and French biotechnology clusters. Administrative Sciences 5, 213-239.(本論文は学習院大学経済経営研究所(研究プロジェクト:イノベーション支援の政策評価と制度設計)の助成を受けたものです。)

Okamuro, H., Nishimura, J. 2015. Not Just financial support? Another role of public subsidy in university-industry research collaborations. Economics of Innovation and New Technology 24, 633-659.

Lechevalier, S., Nishimura, J., Storz, C. 2014. Diversity in patterns of industry evolution: How an intrapreneurial regime contributed to the emergence of the service robot industry. Research Policy 43, 1716-1729.

Nishimura, J., Okada, Y. 2014. R&D portfolios and pharmaceutical licensing. Research Policy 43, 1250-1263.

Okamuro, H., Nishimura, J. 2013. Impact of university intellectual property policy on the performance of university-industry research collaboration. Journal of Technology Transfer 38, 273-301.

西村淳一・岡田羊祐, 2013. 日本企業による特許・ノウハウライセンスの決定要因. 日本経済研究69, 55-95.

Lechevalier, S., Ikeda, Y., Nishimura, J. 2011. Investigating collaborative R&D using patent data: The case study of robot technology in Japan. Managerial and Decision Economics 32, 305-323.

Nishimura, J., Okamuro, H. 2011. Subsidy and networking: The effects of direct and indirect support programs of the cluster policy. Research Policy 40, 714-727.

Nishimura, J., Okamuro, H. 2011. R&D productivity and the organization of cluster policy: An empirical evaluation of the Industrial Cluster Project in Japan, Journal of Technology Transfer 36, 117-144.

西村淳一・岡田羊祐, 2010. バイオ・クラスターにおける産学官連携-特許データに基づく政策評価, 研究技術計画 24, 383-399.

Lechevalier, S., Ikeda, Y., Nishimura, J. 2010. The effect of participation in government consortia on the R&D productivity of firms: A case study of robot technology in Japan, Economics of Innovation and New Technology 19, 669-692.

査読無し学術論文

著書:

Okamuro, H., Nishimura, J. 2017. Governance and performance of publicly funded R&D consortia, in T. Clarke and K. Lee eds., Innovation in the Asia Pacific: From Manufacturing to the Knowledge Economy, Springer.

西村淳一・岡田羊祐, 日本の創薬系バイオベンチャーの成長要因-産学官連携の有効性-, 元橋一之(編集), 『日本のバイオイノベーション』第12章(259~284頁), 白桃書房, 2009.

西村淳一・岡室博之, 産学官連携とクラスター, 岡室博之(著書), 『技術連携の経済分析』第11章(271~295頁), 同友館, 2009.

その他の刊行物:

西村淳一・長岡貞男・孫亜文, 2018. 新薬の初期価格と価格ダイナミクス:日米パネルデータからの最初の知見. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.53.

Nishimura, J., Okamuro, H. 2015. Governance and performance of publicly funded R&D consortia Gakushuin University Research Institute for Economics and Management (GEM) Bulletin No.29, 1-18.

長岡貞男・西村淳一・源田浩一, 2015. 探索研究とサイエンス-医薬イノベーションの科学的源泉とその経済効果に関する調査(1)-. 医薬産業政策研究所、リサーチペーパーNo.66.

長岡貞男・西村淳一・源田浩一, 2015. 臨床開発とサイエンス-医薬イノベーションの科学的源泉とその経済効果に関する調査(2)-. 医薬産業政策研究所、リサーチペーパーNo.67.

長岡貞男・西村淳一, 2015. サイエンスの貢献-医薬品と寿命、在院日数からの分析-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.45.

長岡貞男・細野光章・赤池伸一・西村淳一, 2013. 産学連携による知識創出とイノベーションの研究-産学の共同発明者への大規模調査からの基礎的知見- . IIRワーキングペーパーWP#13-14.

長岡貞男・江藤学・青島矢一・大湾秀雄・松嶋一成・西村淳一・塚田尚稔, 2012. イノベーションへの協力: NEDOコンソーシアムのサーベイからの知見. IIRワーキングペーパーWP#12-13.

粕谷英明・西村淳一, 2012. 後発医薬品の使用促進と市場への影響. 医薬産業政策研究所、リサーチペーパーNo.54

岡室博之・西村淳一, 2012. 知的クラスター政策の国際比較と評価. 社団法人中小企業研究センター(年報寄稿論文).

西村淳一, 2012. 医薬品と寿命 -上市年数、疾患領域別の分析-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.37.

西村淳一, 2012. 新薬の貢献-寿命、医療費と経済的価値の視点から-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.36.

西村淳一・岡室博之, 2012. 産学官コンソーシアム支援と企業の研究開発投資インセンティブ. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.35.

粕谷英明・西村淳一, 2011. 新薬創出加算による市場への影響-2009~2010年度の医薬品市場のデータから-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.33.

西村淳一・岡室博之, 2011. クラスター政策のガバナンス-日本、ドイツ、フランスのバイオ・クラスターのケース-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.33.

粕谷英明・西村淳一, 2011. 後発医薬品の浸透促進が市場に与える影響-市場成長率と改良型イノベーションの視点から-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.32.

西村淳一, 2011. 新薬創出加算と消費者余剰-潰瘍治療剤市場における仮想的なケース分析-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.32.

粕谷英明・西村淳一, 2010. 国内医薬品市場における後発医薬品の浸透-薬効領域別からみた比較分析-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.31.

西村淳一, 2010. 患者と医師のプリンシパル・エージェンシー問題. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.31.

西村淳一・粕谷英明, 2010. 新薬創出加算とイノベーション. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.30.

西村淳一・岡室博之, 2010. 産業クラスター政策と企業パフォーマンス-研究開発支援とネットワーキング支援の効果-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.29.

西村淳一・王亭亭・長岡貞男, 2009. 発明者からみた日本の研究開発の課題 -発明者サーベイ自由記述調査から, RIETI Discussion Paper 09-J-031.

西村淳一, 2009. 改良型イノベーションと医薬品の付加価値. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.28.

西村淳一, 2009. 医薬品のライセンス契約と開発の成功要因. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.27.

西村淳一, 2008, クラスター地域内連携とイノベーション-創薬型バイオベンチャーにみるネットワークとR & D 生産性-. 医薬産業政策研究所, 政策研ニュースNo.25.